冷蔵庫置き場

特に女性は必要?

大学生になり、ひとり暮らしを始めました。と言っても、住まいは大学の宿舎で、周りは同じ一年生ばかり。トイレも炊事室も共同。お風呂は敷地内に銭湯がありました。かれこれ20年以上も前のこと、携帯もないし、部屋に電話がひけるようになっていなかったので、電話をかけたい時は公衆電話利用しか手段がありませんでした。それに、銭湯は夜9時までしかやってなくて、課題で大学の作業室で徹夜なんてこともしょっちゅうだったし、早くアパートに住みた〜い!と思っていました。同じことを考えているクラスメート達がどんどん宿舎を出て行ってましたしね。2年生になっても抽選に当れば宿舎に残れるのですが、私はあえて、親には内緒で抽選に参加しませんでした。(宿舎はもちろん賃料が安いんですけどね)。

 

そうして、2年生に上がる直前の3月末頃。アパートの部屋も決まって、晴れて宿舎を出て新居へと引越しと相成りました。うほほ〜!て感じでした。が。学生ですから、当然仕送り生活ですしバイトしても収入はかろうじてほしい服が買える程度。家賃は格安の2万5千円!の1Kでした。でも、お風呂が追い炊きできたんですよ〜。洗濯機は今はもう見掛けることも少なくなった2層式。使い込んでからでしたが、ある日洗濯層の蓋を風で飛ばされました。
あれ以来、引越し先を選ぶ時は、洗濯機置き場が室内にあること、がこだわり条件です。さすがに家族で暮らしているので蓋が飛ばされるような洗濯機は使っていませんけど、あの時、ホント、みじめな気持ちになりましたねぇ・・・。

 

長距離の引越しを安くするには